【書評】武器になる哲学-山口周著

この記事を読んでほしい人
・広く浅く学びたい人

・古典的な内容も大丈夫な人

ゆーた
こんにちは、ゆーた(yuta_okinawa)です!

 

哲学とか社会学とか経済学って、普段感じている法則や心理を言語化してくれて面白いと思いませんか?

客観的な知見で説得力があり、日々の生活に新しい視点をもたらしてくれます。

ただ一方で、学術的なテーマって専門用語が多かったり、話が長かったりしますよね。

 

ゆーた
難しい話はいいから、結論だけおなしゃす!

 

ということで、そんなわがままを解決してくれた『武器になる哲学』を書評したいと思います!

本書では、哲学はもちろん社会学・経済学・心理学・文化人類学など様々な学問を広く浅く学ぶことができるようになっています。

学術的な難しい話は苦手だから、要点だけ知りたいという方は必見!

 

武器になる哲学の概要

【武器になる哲学の概要】

著者:山口周

出版年:2018年5月18日

出版社:株式会社KADOKAWA

 

著者の山口さんは組織・人材コンサルをやっている方です。

題名は『武器になる哲学』ですが、哲学以外にも社会学・経済学・心理学・文化人類学など様々な分野の研究・思想が紹介されています。

その数、なんと、50!

 

古典的なものから現代のものまで幅広く取り扱っています。

以下、50のキーコンセプト

 

【50のキーコンセプト】

 

1.人に関するキーコンセプト

『ロゴス・エトス・パトス』

『予定説』

『タブラ・ラサ』

『ルサンチマン』

『ペルソナ』

『自由からの逃走』

『報酬』

『アンガージュマン』

『悪の陳腐さ』

『自己実現的人間』

『認知的不協和』

『権威への服従』

『フロー』

『予告された報酬』

 

2.組織に関するキーコンセプト

『マキャベリズム』

『悪魔の代弁者』

『ゲマインシャフトとゲゼルシャフト』

『解凍=混乱=再凍結』

『カリスマ』

『他者の顔』

『マタイ効果』

『ナッシュ均衡』

『権力格差』

『反脆弱性』

 

3.社会に関するキーコンセプト

『疎外』

『リバイアサン』

『一般意志』

『神の見えざる手』

『自然淘汰』

『アノミー』

『贈与』

『第二の性』

『パラノとスキゾ』

『格差』

『パノプティコン』

『差異的消費』

『公正世界仮説』

 

4.思考に関するキーコンセプト

『無知の知』

『イデア』

『イドラ』

『コギト』

『弁証法』

『シニフィアとシニフィエ』

『エポケー』

『反証可能性』

『ブリコラージュ』

『パラダイムシフト』

『脱構築』

『未来予測』

『ソマティック・マーカー』

 

これらのキーコンセプトを1つ当たり7ページ前後で解説している感じす。

「無知の知」や「ペルソナ」「認知的不協和」など耳にしたことがあるキーコンセプトも多いのではないでしょうか?

 

2,3こだけ概念の理解が難しいものがありましたが、基本は簡単に説明されています。

 

おすすめポイント

 

ゆーた
最近読んだ本の中でも、本書『武器になる哲学』は分かりやすく、役立っています。

以下、おすすめポイント。

 

【おすすめポイント】

・学術的な内容を広く浅く学べる

・内容が要約されていて分かりやすい

・短編に分かれていて読みやすい

 

【おすすめな人】

・哲学、社会学、経済学、人類学などに興味がある人

・専門的な知識の要点だけ知りたい人

・多角的な分析手法を知りたい人

 

おすすめポイントは何と言っても、「広く浅く学べる点」です。

先ほどご紹介した50個の思想や概念がざっくり分かるようになります。

 

ゆーた
『ナッシュ均衡』とか『弁証法』とか『パラダイムシフト』とか知ってたらかっこいいじゃないですか(笑)

 

おっさん
内容薄いんじゃないの?

 

という意見もありそうですが、大学や大学院で勉強しない限り、一般人は要点だけ理解すれば良いと思うんですよ。

 

例えば、一般的な論文は結論に到るまでに、以下のように展開されます。

 

【論文の流れ】

・研究の目的

・先行研究の紹介

・実験や調査方法の紹介

・結果の紹介

・結果の考察

 

ゆーた
ながーい!

結論だけおなしゃす!

 

と、まあ、私のような面倒くさがりには論文は長すぎるわけですね。

本書は入門書のような感じで要点をまとめてくれてるので、初心者や結論だけ知りたい人にピッタシです。

 

まとめ

本書は学術的な内容の要点をまとめ、現代風に解釈をアレンジしているという、読みやすい入門書になっています。

哲学、社会学、経済学などに興味がある方はぜひ本書を手に取ってみてはいかがでしょうか。

 

シェアして頂けると励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。