【おすすめ】負け組に聴いてほしいヒップホップ・ラップ10選

この記事を読んでほしい人
・学校で目立たずに生活していた人

・何者にもなれていない人

・ヒップホップ、ラップが好きな人

 

トレンチコートマフィア/Creepy Nuts

【曲/歌手】

トレンチコートマフィア/Creepy Nuts

 

【ポイント】

本曲は中学・高校にいた、スクールカースト下位層に向けられた曲です。

バカにされたり迷惑をかけられた過去を告白しつつも、これからを鼓舞するような歌詞がgoodポイント!

 

だがそれでいい/Creepy Nuts

【曲/歌手】

だがそれでいい/Creepy Nuts

 

【ポイント】

本曲は誰しも1回は経験したことがあるであろう、「中2病」に関する曲です。

「ドンキで買ったギャッツビー」「腰パン」「英字プリントのシャツ」など、カッコつけていた自分を振り返りながらも、「それがあったから今がある。間違いじゃなかった」という強いメッセージのある曲です。

 

“13才のリアル”/けーご

【曲/歌手】

“13才のリアル”/けーご

 

【ポイント】

当時、現役中学生ということで話題になりました。

曲中は自身のイジメ経験やラップに出会ってからの変化などを歌っています。

若く豊かな感性に触れたい方は必見です。

 

クズレペゼン/SHU-THE feat.空也MC

【曲/歌手】

クズレペゼン/SHU-THE feat.空也MC

 

【ポイント】

本曲はラッパーであるSHU-THEと空也MCによる、クズへの応援歌です。

曲中、当たり前のことをできない自分を歌いつつも、「でもカスじゃない!俺にだって君にだってきっと出来る事があるはず」という強いメッセージを発信しています。

 

27歳のリアル/空也MC

【曲/歌手】

27歳のリアル/空也MC

 

【ポイント】

狐火という歌手の『27歳のリアル』を空也MCがREMIXした曲です。

夢追い型フリーターのリアルな現状を表現しており、『結果が欲しい…』という歌詞はとても共感ができます。

 

素敵なTomorrow/般若

【曲/歌手】

素敵なTomorrow/般若

 

【ポイント】

ヒップホップ界を長年盛り上げ続けた般若によるイジメをテーマにした曲です。

自身の経験も交えておりリアルな内容になっています。

 

HATE MY LIFE/RYUZO

【曲/歌手】

HATE MY LIFE/RYUZO

 

【ポイント】

本曲は3部構成になっていて、全く境遇の異なる以下3人の視点から語られます。

 

1.安月給で働く土木系の男性

2.夜の仕事をしているシングルマザー

3.夢追って上京して現実と戦う若者

 

どれもリアルに描かれており、現実の厳しさを痛感します。

 

人間失格 / GOMESS (あいver.)

【曲/歌手】

人間失格 / GOMESS (あいver.)

 

【ポイント】

自閉症スペクトラム障害を持つGOMESSによる本曲は、自身の自閉症の経験談や思いが語られています。

 

夢をあきらめて現実を生きます/神門

【曲/歌手】

夢をあきらめて現実を生きます/神門

 

【ポイント】

ポエトリーリーディングである本曲はなんと12分間あります。

ラッパーから公務員を目指す過程で経験したことや苦悩などが見事に表現されています。

 

STREET DREAMS/ZEEBRA

【曲/歌手】

STREET DREAMS/ZEEBRA

 

【ポイント】

日本のヒップホップの火付け役であるZEEBRAによる本曲はオラオラのヒップホップって感じですが、元気をもらえる曲になっています。

これぞヒップホップの原点にして頂点!

 

ゆーた
曲紹介は以上です!

この他にもおススメがあれば、コメント欄で教えて頂けるとうれしいです!

 

シェアして頂けると励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。