生涯フリーターという人生もありだと思いませんか?

この記事を読んでほしい人
・フリーター

・正社員が嫌な人

・ゆるく生きたい人

ゆーた
こんにちは、正社員になったことがない、ゆーたです!

 

おじさん
いや聞いてない。てか、真面目に正社員になれよ。

 

と思った方もいるはず!

フリーターあるあるなんですけど、「いつまで、フラフラしてるの?」とか「なんで正社員にならないの?」ということをよく言われるんですよね。

 

ゆーた

はい。

言いたいことは分かります。

生涯賃金とかキャリアとかそういう話ですよね?

 

しかしですよ。

平成も終わった現代では、フリーターという生き方もありだと思うんですよ。

そこで今回は、生涯フリーターでもありだと思う理由をご紹介します。

 

非正規雇用で挙げられる問題点

まず、一生フリーターでも問題がない話をする前に、非正規雇用でよく挙げられる問題点を整理しましょう。

 

【非正規雇用の問題点】

・賃金が低い

・キャリアの進展がない

・雇用契約を切られやすい

 

これらを1つずつ解説していきます。

 

1.非正規雇用は賃金が低い

まず一番よく問題になる、賃金の格差です。

厚生労働省の資料によると、大卒正社員20-24歳の賃金が約300万円に対して、非正規雇用の20-24歳の賃金は約150万円です。

 

【20-24歳の賃金格差】

大卒正社員20-24歳:約300万円

非正規雇用20-24歳:約150万円

 

ねこ
2倍も違うね!

 

さらに、年齢が上がっていくごとに賃金格差は広がっていき、大卒者40-44歳の賃金が約620万円に対して、非正規雇用の40-44歳の賃金は約200万円です。

 

【40-44歳の賃金格差】

大卒正社員40-44歳:約620万円

非正規雇用40-44歳:約200万円

 

ねこ
非正規雇用の賃金全然上がってなーい

 

ゆーた

なんと生涯賃金に換算したら2.5倍から3倍の違いが出るとか。

なるほど、この賃金格差は大きそうですね。

 

参考:平成24年,厚生労働省,雇用政策研究会,第一回資料

 

 

2.非正規雇用はスキルが身につかない

続いてよく出る問題が、非正規雇用は専門的なスキルが身につかないということです。

 

非正規雇用の仕事は誰でもできるものが多いと言われています。

また正社員には、研修や資格補助がありますが、アルバイトや派遣社員のような非正規雇用には、これらの制度はほぼありません。

 

このような理由から、非正規雇用は専門的なスキルが身につかず、キャリアの進歩が難しいのだとか。

 

ゆーた
なるほどスキルがないと、転職や昇進に問題が出てきそうですね。

 

3.非正規雇用は雇用契約を切られやすい

非正規雇用は雇用契約上、正社員より立場が弱い存在です。

なぜなら、正社員は無期雇用で採用されるのに対して、非正規雇用は有期雇用として採用されることになるからです。

 

つまり、会社からしたら正社員をクビにするのはそれなりの理由がないとできませんが、非正規雇用の場合は契約の更新をしなければ実質的なクビにすることができます

 

おじさん
非正規雇用のお前、クビイィィィイ!!

 

このように雇用契約上の違いによって安定度が変わってきます。

 

非正規雇用でも特に問題がない理由

さてここまで、一般的に言われる非正規雇用の問題点を挙げました。

私的にこれらの問題は人によっては問題ではないのではないかと考えています。

 

ゆーた
そこで1つずつ解説していきます。

 

きつね
※個人的な見解です。寛容なお心でお読みください。

 

1.非正規雇用は賃金が低い←いいんじゃない?

 

非正規雇用だと、正社員と2.5から3倍の賃金格差があり、生涯賃金が1億円にも満たないわけですが、人によっては問題ないと思います。

人によってはというのは以下の条件です。

 

【2つの条件】

1.無理なく月の支出を8万円に抑えることができる人

2.将来、子育てをする予定がない人。

 

1つ目の条件は月の支出を8万円に抑えることができる人です。

お金がかからない趣味を持っていたり車を持たないような、支出の低い生活をしていれば、月の支出を8万円に抑えることができます。(年金、社会保険を含め)

年間で言うと96万円ですね。

このような生活を我慢せずにできる人には、生涯賃金は1億円で十分ですよね。

 

ゆーた
私の支出も月に8万円を超えることはありません。

 

おっさん
もしものことがあったらどうするんだ!?

 

ゆーた
もしものことは、社会保険を使えば問題ないはずです。

 

【社会保障の例】

病気で働けない時:傷病手当

失業したとき:失業保険

生活ができないとき:生活保護

借金を返せないとき:自己破産

莫大な医療費がかかる場合:高額医療費制度

勤務中にケガをした場合:労災保険

お金が必要だけど借りられない場合:生活福祉資金貸付制度

 

などなど社会保障はたくさんあり、もしもの時も死ぬことはありません。

 

2つ目の条件は、将来子育てをする予定がない人です。

さすがに非正規雇用の賃金で子育ては厳しいと思います。

AIU保険会社の資料によると子ども1人当たりにかかるお金は3000~6000万円かかるようです。(大学進学した場合)

 

参考:AIU保険会社,現代子育て経済考

 

ゆーた
はい、非正規雇用の収入では子育てはムリゲーです。

非正規雇用の方は子育てを諦めてください。

 

これ、問題発言のように聞こえますが、そこまで問題ではないと思います。

 

日本の生涯未婚率は2015年時点で以下のようになています。

【2015年生涯未婚率】

男性:23.37%

女性:14.06%

 

日本では「結婚・子育てをしない」という選択をする人が年々増えているため、結婚しないという選択もある程度、時代の流れにそっていると思います。

 

ゆーた
ちなみに私は性格に難ありのため、結婚・子育てを諦めました…

 

2.非正規雇用はスキルが身につかない←いいんじゃない?

続いては、専門的なスキルが身につかないという問題ですが、これも人によっては特に問題ないと思います。

条件は以下の2つです。

 

【2つの条件】

・労働よりも趣味を優先させたい人

・そもそも働くのが好きじゃない人

 

まあ、俗にいう『働きたくない人』ですね。

『働きたくない人』代表で私が1つ言いたいことがあります。

 

ゆーた
難しくて責任のある仕事なんてしたくねぇ!

誰でもできる楽な仕事がしてぇ!

 

世間的にはダメ人間の扱いされる発言ですが、このような仕事よりも趣味を優先する人が一定数いてもいいと思うんですよね。

 

趣味から収入につながることもあります。

私は将棋が趣味で、アマチュア2段の資格を持っているのですが、ココナラ というサイトで、「将棋を教えます」というサービスを販売しています。

実際に販売実績もあり、趣味から収入につなげることができました。

 

仕事よりも趣味を優先させたい人などは、専門的なスキルは必要なく、非正規雇用として簡単な仕事をしていればいいのではないでしょうか。

 

3.雇用契約を切られやすい←いいんじゃない?

最後に契約を切られやすいという問題ですが、これも特に問題ないと思います。

もし、仮に私が今の職場をクビになっても、非正規雇用の仕事なんて一瞬で見つかりますし、簡単に採用されると思います。

 

【面接なしの短期バイト】

短期、単発専門の求人情報サービスであるショットワークス。

なんと、ショットワークスなら面接なしの単発でバイトをすることができます。

求人情報も多数あるため、仕事に困ることはありません!

 

 

【バイト採用で祝い金!?】

ちまたで話題のマッハバイト。

大手求人サイトと違いバイトの採用が決まれば祝い金をもらうえるのが特徴。

祝い金がもらえる理由は、マッハバイトの収益をバイト採用者に還元しているためだそうです。

同じバイトを申し込むのなら、マッハバイトからが断然お得!

 

 

また、失業中は失業保険を受給すれば、生活に困ることはありません。

 

ゆーた
クビになっても特に問題なし!

 

まとめ

いかがでしたか?

少数派の考えですが、「非正規雇用の仕事がいい~」という人もいると思います。

本記事で述べたことは私の考えですが、別の理由で非正規雇用を自主的に選ぶのもあり得ると思いますし、そういう働き方があってもいいと思います。

 

まあつまり、自分で納得のできる働き方をするのが1番ですね!

それでは!

 

The following two tabs change content below.

ゆーた

大学を中退したフリーターです。 今沖縄の離島でゆるーく生きています。 毎日10時間寝たい!5000兆円欲しい!

おもしろかったら、シェアして頂けると励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。