【実体験】大学進学したけどフリーターになった3つの理由

この記事を読んでほしい人
・今の仕事が辛い人

・気楽に働きたい人

・仕事以外にやりたいことがある人

ゆーた
こんにちは、ゆーた(yuta_okinawa)です!

 

私は大学中退しているのですが、その理由が「フリーターになりたかったから」という馬鹿げたものです。(大学中退の過程とその後は関連記事へ)

 

よく「せっかく大学に進学したのに、なぜフリーターになりたかったのか?」と聞かれるので私なりの考えをご紹介しようと思います。

フリーターになろうと考えている方は必見!

 

【必見】大学中退した理由とその後の人生【5000字越え】

2019年4月26日

 

1.苦手なことが多かった

まず、1つ目は、正社員になることは自分にとって合理的でありませんでした。

というのも、【正社員になって得られるもの】と【苦手なこと】を比べた時に、苦手なことのほうが圧倒的に多かったためです。

 

【苦手なことリスト】

・週40時間以上の労働

・責任の重い仕事

・形骸化したマナー

・年功序列

・スーツ、革靴

・電車通勤

・意に沿わない人事異動、転勤

・etc…

 

【得られるもの】

・人並みの収入

・安定

・世間体

 

ゆーた
苦手なことが多く、責任ある難しい仕事はできないだろうなと思っていました。

 

2.自分がいてもいなくても変わらない

私が大学生のとき就活をして思いました。

 

就活してる人数多い!

その数43万人!

 

そして、こうも思いました。

 

マジメで優秀な人多い!

 

ゆーた
「別におれが社会の役に立つ!」とか思わんでええやん。

そもそも、冷蔵庫と冷凍庫間違えるぐらいおれ無能やし…

 

 

大学の時、「せっかく大学に入ったし、将来しっかりと働いて社会の役に立とう!」と思っていました。

ただ、就活人口および優秀な人の数が多いと感じ、また自分の無能さを痛感したことで「難しい仕事は優秀な人に任せて、自分はフリーターでもいいや」と思うようになりました。

 

【就活者多すぎ問題】

19卒就職率:97.6%

19卒就職者:43万6700人

 

参照:今春の大卒就職率97.6% 理系に引き合い、高水準続く

 

3.結婚・子育てをしない前提だから

最後にこれ!

私は全く結婚と子育て願望がありません。(たぶん、今後も…)

 

【結婚したいと思わない理由】

・両親が不仲な家庭で育った

・そもそも非モテ

 

私は、毒親の鏡みたいな人間の元で育てられ、「家族」というものに全くいい思い出がありません。子どもの時の思い出は辛いものばかり…

 

そのため、結婚・子育て願望があんまりありません。

結婚しないとなるとバイトの収入でも十分にやっていけるので、「フリーターでも良いや〜」と思えるようになりました。

 

まとめ

今回は「フリーターになった」個人的な理由をご紹介しました。

 

・苦手なことが多かった

・自分が正社員になっても変わらないと思った

・結婚、子育てしない前提で生きてるから

 

割と弱気な理由が多いですが、自分が勝てる土俵で戦うのが大切だと思うので、まあ良いんじゃないかと思います。

シェアして頂けると励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。